筋膜リリースヨガでダイエット

近年、世界中でヨガが人気ですが、ここ数年「筋膜リリースヨガ」が人気です。
筋膜リリースヨガとは、筋膜のねじれを取り、姿勢をよくして痩せやすくするヨガです。

筋膜リリースとは

筋膜とは、皮膚のすぐ下にネット上に張り巡らされている膜のことで、この膜にゆがみやねじれが生じた状態が続くと、肩や首のこり、頭痛、腰痛などがおきやすくなります。
筋膜リリースとは、筋膜のゆがみやねじれをリリース(解きほぐす)して、あらゆる体と心の不調を改善することを目的としています。

いくら運動をしても食事制限をしても思うように痩せないのは、ストレスから体が凝り固まっているからです。
さまざまな職場で活躍する女性は、胃が痛くなったり、首が回らないほど肩がこったりすることがありますが、そんな状態をくり返していると、体も心もガチガチになってしまいます。
体のコリから、筋肉がねじれたり癒着している状態が続くと、内臓にも影響を及ぼし、慢性的な冷えや便秘などがおこりやすく、肥満の原因になってしまいます。

セルフ筋膜リリースで痩せる・筋膜リリースヨガのおこない方

簡単な筋膜リリースヨガを習慣にすることで、体の緊張だけでなく心の疲れも解消されます。どのポーズも簡単で、時間も3分ほどでできるものばかりです。
筋膜リリースヨガは、特有のポーズを取って瞑想するといった難しいヨガではないので、誰でも簡単にチャレンジできます。

姿勢の歪みを正す筋膜リリース

  • 立って行う姿勢矯正ポーズ
    このポーズは、いつでもどこでも思いついたときにおこなうだけで、確実に姿勢がよくなります。
    まず、足を腰幅に広げ、姿勢を正して立ち、片方の手をまっすぐ上に上げ、もう片方は下におろします。左右とも90秒ずつおこないます。
  • 寝転んで行う姿勢矯正
    ベッドの上でも出来る簡単なポーズ
    仰向けに寝転んで、両手と両足をおもいきり伸ばします。
    次に右手と右足が引っ張り合っているようなイメージでおもいきり伸ばします。(左手と左足は自然に横たえておきます)左側の手足も同じように引き合います。

首と肩の筋膜リリース

  • 背中の盛り上がりや首のもたつきを解消するポーズ
    あぐらの姿勢で座り、両手を背中にまわして組みます。
    背筋を伸ばしたまま、顔を右に傾けて90秒キープし、左側も同じように倒します。
  • 頭痛や目の疲れを解消するポーズ
    あぐらの姿勢で座り、頭の後ろに両手をそえます。
    次に顔を前に倒し、後頭部や首の筋膜をほぐします。背中が丸まってしまうようならお尻の下にクッションを敷きます。この姿勢を90秒キープします。

腰と背中の筋膜リリース

  • 肩や背中のコリを改善するポーズ
    あぐらの姿勢で座り、右手を上から、左手は右手の下から背中にまわして自分で自分を抱くようにして90秒キープします。肩関節や肩甲骨周辺の筋膜がほぐれます。
  • 肩や腰のリラックス効果が得られるポーズ
    仰向けに寝転び、両ひざを立てます。
    次に両膝を抱えて胸まで持ち上げ、押し付けるようにします。
    背中、腰、お尻の筋肉が伸びているのを感じながら、90秒キープします。
  • 足の疲れや冷えを取るポーズ
    背筋をまっすぐに伸ばして正座をし、両足のつま先を立てます。
    背中が丸まらないように注意をし、90秒キープします。

*筋膜リリースヨガは、どのポーズからおこなってもかまいませんが、筋膜を作るコラーゲンを伸ばすためには90秒間のキープが効果的と言われています。
体がかたくて思うようにポーズがとれなくても、徐々に慣れるので、30秒くらいからはじめて目標の90秒に近づけましょう。

筋膜リリースヨガの3つのダイエット効果

①ゆがみの改善

筋膜を解きほぐすことで慢性的な肩こりや腰痛が改善されて姿勢がよくなり、体の大部分の不調が改善できます。
痩せやすい体作りのコツは、左右対称のゆがみのない体に近づけることです。

②むくみの解消効果

筋膜が正常に張り巡らされていないと、筋膜の間を通る血管やリンパなどに悪影響を与え、体全体にむくみが生じてしまいます。
太っているとの思い込みの中には、実は体がむくんでいることも多いのです。
座り仕事で夕方にはふくらはぎがパンパンになる人は、筋膜リリースをして筋膜を解きほぐすと、むくみが解消されます。

③ストレス解消効果

精神的なショックは、筋膜の組織に吸収されて記憶されるといわれています。
ストレスがどんどん蓄積されると、精神疾患になる可能性もありますが、筋膜リリースをおこなうことで、ストレスが解消できます。

筋膜リリースヨガをおこなうときの注意点3つ

  • 筋膜リリースヨガに無理は禁物です。痛みや違和感を感じたらポーズを取るのを止めて様子を見ましょう。
  • 筋膜リリースヨガは90秒のキープを目標とし、徐々に体を慣らしていきましょう。
  • 筋肉リリースヨガはどのポーズを取っても筋肉を解き離すことができますが、ケガのあとや痛みがあるところを無理に伸ばすのは禁物です。

まとめ

筋膜リリースヨガは、継続しておこなうことで筋膜の癒着が解き放されて体が柔軟になり、肩こりや首こり、腰痛などが改善されます。
体の不調が取り除かれると、余分な水分や老廃物、脂肪などが体につきにくくなり、自然に痩せてキレイになります。

  • おすすめエステ体験ランキングを見る
  • 痩身エステ体験レポートを見る